「働き方改革?なにを今さら…。」フリーランスの有効活用の鍵は“専業”禁止と企業の“オープンソース化”にあり
2017年、もはやバズワードとなっている「働き方改革」。フリーランスや複業家など「信頼を持つ個人」の台頭に合わせて、企業の雇用形態も「週休3日」や「リモートワーク」など多様化してきています。しかし、「複業解禁」は個人にと
「自分は何者?押し殺した個性がアイデンティティに」“サイパン育ちの日本人”が東京で会社を設立した理由。
「多様性」は、今の若者が大好きな言葉のひとつ。でも僕たちは、「多様性」という言葉の意味を、深くは考えていないのかもしれません。多様化が進むのとは一方で、未だに「あの人はこんな人」と一般的なステレオタイプで括られてしまうこ
就職先に迷ったら読んでほしい。社会人になっても“どちらも”が叶う選択肢
初めまして、あつたゆか(@yuka_atsuta)です。平日はサイボウズでプロモーションの仕事をしています。さて、就活の本格的なスタートが間近になってきた今日この頃。そろそろ学生はインターンやOB訪問に、行ったり行かなか
「インフルエンサーがつくる“経済圏”はすぐそこの未来」ライブコマースアプリ「PinQul」井手康貴さんの挑戦
1秒に売れるアイテムは数十個、送られる「いいね」の総量は数万件、ユーザー数は3億2500万人ーー。動画のストリーミング配信を通じて、視聴者にまるで“話しかける”ようにインフルエンサーがモノを売る。「ライブコマースアプリ」
「人工知能に学ぶ喜びを教えることはできない」藤原和博が考える“超AI時代”の教師のあり方
突然ですが、AIが発展した時代に「先生」は必要なのでしょうか?2045年、機械が人間の脳を超える「シンギュラリティ」を迎えます。あらゆる言語での自然言語処理が進み、世界中の知識がデータベース化される未来もそう遠くはないで
「スタートアップのCEOこそ、朝5時に起きるべき。」渋谷発の朝活コミュニティ「朝渋」プロデューサー、井上皓史さん
突然ですが、皆さんは「世界のCEOは5時に起きる」って知っていましたか?アップル、ナイキ、スターバックス、Twitter、これらの名だたるグローバル企業のCEOは皆、早起きを習慣としています。今回取材するのは、朝活コミュ
Googleから独立し、働き方改革を推進。藤本あゆみさん流、OKRで「本業と本業」の二兎を追う最先端の複業スタイルとは?
複業家のためのオンラインサロン「HARES COLLEGE」では、毎週水曜日に「好き」と「得意」で稼ぐ複業家をゲストにお招きした朝型勉強会「HARES LIVE」を開催しています。複業家を目指す、もしくは現在複業を行う人
「泊まることが、自分の意思表示になる」21歳、ミレニアル世代がつくるソーシャルホテル「HOTEL SHE, OSAKA」龍崎翔子さ
僕たちミレニアル世代にとって、伝統的で画一的な価値観は、少し窮屈に感じることがあります。限られた選択肢から選ぶより、自分たちが信じる価値観を共有したい。今回HARESが取材するのは、ホテルプロデューサーの龍崎翔子さん。2
税理士法人に勤めながら、複業でプログラミング。バックオフィスの労働生産性を上げる、資料探しサービス「DROPPA」早川晋平さん
HARESはいつも色んな人に支えられています。複業家を始め、様々な人に支えられる中、携わっているひとりがサービスをローンチしました。今回取材したのは、株式会社RUCの代表取締役の早川晋平さん。渋谷でスタートアップを経営さ

RECENT

インタビュー 起業

2017/12/05

「自分は何者?押し殺した個性がアイデンティティに」“サイパン育ちの日本人”が東京で会社を設立した理由。

コラム 複業

2017/11/30

就職先に迷ったら読んでほしい。社会人になっても“どちらも”が叶う選択肢

インタビュー 起業

2017/11/28

「インフルエンサーがつくる“経済圏”はすぐそこの未来」ライブコマースアプリ「PinQul」井手康貴さんの挑戦

イベントレポート 働き方

2017/10/25

「人工知能に学ぶ喜びを教えることはできない」藤原和博が考える“超AI時代”の教師のあり方

インタビュー 働き方

2017/10/03

オフィスを出たらアスリート。午後7時からの練習で日本代表を勝ち取った柿添武文さんの“サラリーマンの勝算"

インタビュー 複業

2017/09/25

「スタートアップのCEOこそ、朝5時に起きるべき。」渋谷発の朝活コミュニティ「朝渋」プロデューサー、井上皓史さん

インタビュー 働き方

2017/09/06

Googleから独立し、働き方改革を推進。藤本あゆみさん流、OKRで「本業と本業」の二兎を追う最先端の複業スタイルとは?

インタビュー 起業

2017/08/29

「泊まることが、自分の意思表示になる」21歳、ミレニアル世代がつくるソーシャルホテル「HOTEL SHE, OSAKA」龍崎翔子さん

インタビュー 起業

2017/08/17

税理士法人に勤めながら、複業でプログラミング。バックオフィスの労働生産性を上げる、資料探しサービス「DROPPA」早川晋平さん