HARES COLLEGE学生事務局1期生メンバーを募集します!
初めまして、HARESの奥岡けんと(@ketokunsan)です。 突然ですが、HARES COLLEGEの学生事務局第1期生を募集します! 「二兎を追って二兎を得る生き方」を応援するライフスタイルメ
大企業が変われば、日本が変わる。大企業でイノベーションを起こすための4つのステップ。
HARES.JP編集長の西村創一朗(@souta6954)です。 本日は大企業の若手有志による新団体「One JAPAN」のオフィシャルイベント「One JAPAN Vol.02」に参加させて頂きました。 パナソニック、
【寄稿記事】育休を終えて〜とあるスタートアップ創業メンバーの育休体験記〜
HARES.JP編集長の西村創一朗(@souta6954)です。 「二兎を追って二兎を得る生き方」を伝えるライフスタイルメディアHARES.JP。 共有カレンダーアプリ「TimeTree」を運営するJUBILEE WOR
「複業」というキャリアの冒険に出よう。(HARES OPEN COLLEGEイベントレポート後編)
自分の得意をどうやって複業に活かす? 11月21日、二兎を追って二兎を得る複業家のためのオンラインサロン『HARES COLLEGE』主催にて『複業』をテーマにしたイベント「HARES  OPEN COLLEGE」が開催
「ありがとう」と言われた経験を起点に、自分らしい複業を。HARES OPEN COLLEGEイベントレポート(前編)
自分の得意をどうやって複業に活かす?11月21日、「二兎を追って二兎を得る生き方」を応援するメディア「HARES.JP」主催にて『複業』をテーマにしたオフ会イベントが開催されました。イベント第一部では、自身が携わるウェブ
KPIマネジメントを辞めて「学習する組織」に変貌せよ。/株式会社ガイアックス 最年少部長 管大輔さんインタビュー前編
「二兎を追って二兎を得る生き方」を応援するライフスタイルメディアHARES.JP。 『働き方改革』が大きな注目を浴びている中、「利益追求」と「従業員の幸福感」の二兎を追って二兎を得る働き方を実現しているロールモデル・カン
「Lの時代」を生き抜く「ローカルエリート」という働き方。
「二兎を追って二兎を得る生き方」を応援するライフスタイルメディア、HARES.JP編集長の西村(@souta6954)です。です。 アメリカ大統領選でトランプが当選したことを受け、経営共創基盤の冨山さんが緊急寄稿された記
文系ビジネスパーソンだからこそ考えたい「複業家」という働き方。
「副業解禁」が話題になっています。 ロート製薬が「社外チャレンジワーク制度」という形で兼業・副業を解禁したことを皮切りに、「Wedge」や「東洋経済」などの経済誌やテレビや新聞で「副業解禁」について特集が組まれることが増
【国に届け】「長時間労働撲滅」署名キャンペーンの記者会見を行います。
HARES代表/NPO法人ファザーリングジャパン理事の西村です。 あの痛ましい過労自殺事件をきっかけに僕が発起人となりはじめた「長時間労働撲滅プロジェクト」。 Change.orgではじめた署名キャンペーンですが、賛同者
文系ビジネスパーソンにオススメな副業・複業支援サービス5選
HARES.JP編集長/複業研究家の西村(@souta6954)です。 「副業解禁」が経済雑誌で特集されるなど、未だかつてない注目を集める「副業」ですが、具体的にどんな副業をやればいいのか分からない、という方がほとんどで

RECENT

イベントレポート 働き方

2016/12/17

大企業が変われば、日本が変わる。大企業でイノベーションを起こすための4つのステップ。

COLUMN 働き方 子育て

2016/12/12

【寄稿記事】育休を終えて〜とあるスタートアップ創業メンバーの育休体験記〜

NEWS イベントレポート 副業・複業

2016/12/08

「複業」というキャリアの冒険に出よう。(HARES OPEN COLLEGEイベントレポート後編)

イベントレポート 副業・複業

2016/12/07

「ありがとう」と言われた経験を起点に、自分らしい複業を。HARES OPEN COLLEGEイベントレポート(前編)

INTERVIEW 経営・マネジメント

2016/12/06

KPIマネジメントを辞めて「学習する組織」に変貌せよ。/株式会社ガイアックス 最年少部長 管大輔さんインタビュー前編

SERVICE 副業・複業

2016/11/17

「複業研究家」としてワオミーのアンバサダーに。早速出品してみた。

COLUMN 働き方

2016/11/16

「Lの時代」を生き抜く「ローカルエリート」という働き方。

COLUMN 働き方 副業

2016/11/15

文系ビジネスパーソンだからこそ考えたい「複業家」という働き方。

NEWS

2016/11/12

【国に届け】「長時間労働撲滅」署名キャンペーンの記者会見を行います。