複業家のためのオンラインサロン「HARES COLLEGE」では、毎週ゲストをお呼びして少人数制の勉強会、「HARES LIVE」を開催しています。

今回、ゲストとしてお迎えしたのは2016年に株式会社タイムラグを設立し「パラレル求人」という複業求人サイトを運営している吉田さん。「パラレル求人」に込めた思いとはどのようなものなのでしょうか、その背景を伺いました。

吉田大樹さんのプロフィール
1986年生まれ、岩手県盛岡市出身。東北大学大学院を修了後、株式会社ザイマックスに入社。中学・高校・大学とアルペンスキーに励む。多様な生き方・進路選択に魅力を感じ、高校時代にスキー部で切磋琢磨した友人と共に、2016年7月に株式会社タイムラグを設立。生き方の幅を広げる複業に可能性を感じ「パラレル求人」という複業求人サイトをリリース。

 

生き方は一つじゃない

ーー簡単に、これまでの経歴を教えていただけますか?

2011年に大学院を卒業して、新卒でザイマックスという不動産会社に就職しました。理系の大学院生であったため、就職活動時は大学の研究職への就職も考えましたが、文系総合職として入社しました。

しかし、入社して2・3年した頃に新規事業を考えたりしましたがうまく描けず、自分が何をしたいのかを考えることが多くなりました。

「このまま不動産業界にいても自分がやりたいことは思いつきそうにない。それよりは、自分のやりたいことに携わって仕事がしたい」と考え、思い切って会社を辞めて昨年の7月に株式会社タイムラグを創業しました。

父親が経営者ということもあり、昔から潜在的に起業願望がありました。自分では全く記憶がないのですが、いつも友人との飲み会で酔っ払った時には、周りに「起業する」と宣言していたそうです。

もうひとつ起業を志したきっかけとして、高校時代のスキーの友人の影響もあります。私は「大学に進学して企業に勤める」という、いわゆる世間一般の王道を辿ってきました。しかし大学で出会うのは、環境が整っているにも関わらず「大学の研究や仕事探しに対して受け身な人達」ばかりでした。

一方で、私が高校時代に一緒にスキーをやっていた知人の中には、プロ選手を目指す人がいました。もちろんスキーはまだまだマイナースポーツです。プロとしてやっていくには経済的に厳しい部分もありますが、その知人は自分で協賛金を集めに行ったり、海外チームに入団して、大学を出てすぐにも関わらず自立して活動していたのです。大学に行って就職するのが当たり前だと思っていた自分にとって、そうした生き方はとても新鮮で刺激的であり、「人生は決められた一つの生き方だけではないな」と感じました。

その経験から、「世間的に評価されている生き方が本当に正しいのか」という疑問が生じ、多様な生き方を選択できる世の中にしたいと思ったのです。「人が生きる時間軸は人それぞれでいい、自分の意思できちんと進路を選んだ人は強いし、おもしろい」という思いから、会社名は株式会社タイムラグとしました。人が何かを思い立ち、行動するタイミングにはタイムラグ(時間差)がある、という意味です。現在は「パラレル求人」という複業したい人のための求人サイトを運営してます。

パラレル求人

まずは複業という形からチャレンジできるように

ーー吉田さんが運営されている「パラレル求人」について、詳しく教えていただけますか?

「行動のハードルを下げる」をテーマとして掲げた、複業したい人のための求人サイト「パラレル求人」を運営してます。他人に行動を促すことは簡単ですが、いざ実際にリスクを取って新しいチャレンジをすることは難しい。

今いる会社に籍は残しつつ、まずは自分の関心があることに気軽に挑戦できる環境を、”複業”を手段として作っていきたいと考えています。

応募者の方には、給与だけでなく「自分がやりたいことか・好きなことか」「誰と働くのか」を基準に仕事を選んでもらいたいと思っているので、求人を出す企業や団体側には取材形式で丁寧にインタビューしています。

どんどん挑戦できる環境をめざして

ーー今後の展望を教えてください。

今後の理想としては、会社以外の部分で、個人が社会との繋がりを増やしていき、自分のことをより幅広く考えられるようになってほしいです。最初はフリーランスや主婦の方の利用が多くなると想像していますが、ゆくゆくは会社員の方でも複業が一般的になることを目指しています。

パラレル求人では、地方創生や教育、スポーツなど、僕の主観ですが、関心が高いキーワードの求人を扱っています。エンジニア職の複業は一般的になりつつあるので、パラレル求人ではあまり扱わない想定です。

将来を見据えたキャリア形成も重要ですが、僕らは「やりたいかどうか、好きかどうか」にフォーカスを当てたいと思っています。その方が、楽しいし、没頭できるので、結果的に個人のパフォーマンスも上がると考えているからです。そんな楽しい将来像を、複業を通して描けるようにしていきたいと思っています。

「複業家」という生き方を学ぼう。

HARESでは「二兎を追って二兎を得る生き方」を応援するために、HARES COLLEGEというラーニング・コミュニティを運営しています。

実際にバリバリ複業家として本業の傍ら事業を立ち上げている方から、まさにこれから複業をはじめようと思っています、という方まで現在約100名のメンバー(ゲストメンバー含む)が参加しています。

オンライン(Facebookグループ)での情報・ノウハウ共有のみならず、月に1回のオフ会や毎週開催の朝勉強会「HARES LIVE」など、オンライン&オフライン問わず学び合い、交流を深められる場を提供しています。

>>HARES COLLEGEをのぞいてみる<<

 

文章:児玉悠太朗@damao_jp
インタビュー:西村創一朗@souta6954